GNSSと同期した深浅測量で作業効率化

RTK-GNSSによるリアルタイム潮位補正、現場での使いやすさを重視したシステム GPMate-ECHO

1日目

ソフトセットアップ

計測用PCにGPMate-ECHOをインストールし、GNSSと音響測深機のデータ受信の設定などを行います。

ご説明と準備

SN3Q0013

echo_001

ソフトのご説明をしながら、マニュアルに従い現場設定を行っていきます。

SN3Q0016

バーチェック用具・音響測深機を作業船に設置するための準備を行ないます。機器に電源供給するバッテリーを充電しておきます。また、計測用PCを置ける台も準備しておきます。
これで1日目は終了です。

2日目

計測準備

SN3Q0080

今回はRTK-GNSSによる計測を行なうため、既知点に基地局を設置します。
VRSによるネットワーク型RTK-GNSS計測を行なう場合は、基地局設置が不要になります。

SN3Q0101

作業船に、GNSS受信機、計測用PC、測深器、バッテリーを設置します。
GPMate-ECHOのGNSS自動セットアップ機能を使って設定を行なうので、面倒なGNSS設定は必要ありません。

バーチェック

SN3Q0040

音響測深機で正しい深度を計測するために、バーチェックと呼ばれる作業を行い測定値の補正をかけます。
ソナーから垂直方向に円盤状の碇を沈め、1m刻みで深さ測定して、補正値として音響測深機に設定していきます。

計測

SN3Q0072

echo_008

測定用PCにインストールされたGPMate-ECHOを使って、深浅計測を行なっていきます。
予め陸上で設定した測定断面を選択し、測線上に作業船を移動します。GPMate-ECHOでは、測線からの位置のズレ量を音声でガイダンスしてくれるので、音声に従って作業船を操船するだけで、自動的に測深データを記録していきます。

GPMate-ECHOでは、測線計測時 設定した距離で自動的に記録紙にカット線を入れるので、記録紙への手動カットが必要ありません。また、カット線には測線名称とカット線のマーク番号が自動で印字されます。
ソフトの操作は「記録開始」「記録終了」のみ。難しい操作は一切必要ありません。

出力処理

事務所に戻り、測量データを座標SIMA・横断SIMAで測量CADシステムに取り込み、成果物を作成します。
GPMate-ECHOでは、作業船の航跡・測深値をビジュアルに再現し計測状況を確認することができます。

システムの詳細は ⇒「GPMate-ECHO GNSS深浅測量システム」

GPMateEcho002