会社沿革

1985年 4月 (株)赤阪鐵工所内プロジェクトチームとして、日本で初めてGPSシステムの開発及び販売を開始
1988年12月 (株)アカサカテック設立
1996年 7月 東京都知事より創造活動促進法認定企業に認定される
1997年 6月 横浜市経済局の誘致活動により、本社機能を東京都より横浜市金沢区に移転する
1998年 5月 ライカ社の総代理店となる
1999年12月 インターネットサービスプロバイダ「Bay-Net」を開局
2000年 7月 一般第二種電機通信事業者の認証を取得する(届出番号 A-12-3966)
2002年 1月 環境活動評価プログラム「エコアクション21」第5回環境レポート大賞・行動計画部門「優秀賞」受賞
2002年 7月 「ISO9001:2000」の認証を取得する
2002年11月 KDDI(株)と「AUフィッツオールプログラム」を締結する
2003年 3月 横浜市長より、平成14年度「横浜市優良受診企業」として表彰される
2003年 3月 ESRIジャパン(株)とパートナー契約を結ぶ
2003年 8月 横国大・横浜市との産学官連携による「崖崩壊予測システムの研究」に着手
2003年12月 東エン(株)と高速道路及び一般道路の為の道路保全管理技術の研究開発に着手
2004年 1月 KDDI(株)と「KDDIモバイルソリューションパートナー」契約を締結する
2004年 6月 「横浜市崖管理・崖崩壊予測システムの研究」に対し国土交通省より助成金が交付される
2004年10月 ASPを利用した高速道路保全管理「緊急報告支援システム」(ERSS)を日本道路公団に試験導入
2004年12月 東エン(株)と業務提携契約を締結する
2005年 8月 東エン(株)と高速道路及び一般道路の為の道路保全管理技術に関する共同特許出願を行う
2005年 8月 (株)東芝と「モバイルソリューションパートナー」契約を締結する
2006年 2月 「プライバシーマーク」付与認定を取得する
2006年 5月 中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認企業となる
2007年 8月 第一回「横浜価値組企業」に認定される
2008年 8月 第二回「横浜価値組企業」に認定される
2008年 9月 ㈱東洋信号通信社と船舶の動静情報に関するアライアンスを締結する
2009年 4月 韓国M3 Mobile社とPDA&スマートフォン販売代理店契約締結
2009年 8月 第三回「横浜価値組企業」に認定される
2009年 9月 株式会社ブリヂストン殿と連携し、タイヤ故障原因の定量解析システムで共同特許を取得
2010年 1月 NEXCO 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京㈱殿と共同開発を行なった、「緊急報告支援システム(ERSS)」がNEXCO全社にて本格稼動開始
2010年 3月 株式会社ジェノバ殿とVRS情報配信サービスに関し業務提携締結
2010年 8月 第四回「横浜価値組企業」に認定される
2011年 4月 (株)トプコン販売殿、全国トプコン販売代理店殿と情報化施工 GPRoller販売ネットワーク開設
2011年 8月 平成23年度 第1回「横浜知財みらい企業」に認定される
2012年 8月 平成24年度 第2回「横浜知財みらい企業」に認定される
2013年 4月 社屋を金沢区白帆に移転
2013年11月 金沢区災害時等協力事業所として登録
2013年12月 設立25周年を迎える
2014年 9月 本社ビル 大規模改装竣工
2016年11月 「第1回アカサカテックビジネスパートナーズミーティング」開催
2017年 5月 堅牢型Android端末「HDT280」販売開始