「イーグルアイ」で箱根山火山活動をモニタリング

箱根大涌谷の地形変化観測

箱根山火山活動による地形変化のモニタリングに「イーグルアイ( EagleEye )」が使用されています!
EA003H
平成27年5月、箱根大涌谷での火山活動が活発化し、その周辺が立入禁止や通行規制など、警戒区域として設定されました。
この火山活動による地形変化のモニタリングをするために、(株)アカサカテックのGNSS変位計測システム「イーグルアイ」が採用されました。

大涌谷内の9箇所に観測局(子機)が設置され、365日24時間、GNSSによる位置情報の変位がモニタリングできるようになりました。観測局はソーラーパネルで稼働しており、特に電源敷設工事をする必要がありません。
データは15分毎にグラフに表示され(通常は一時間毎)、離れた場所からもオンタイムで、その情報を確認できます。
data03
観測データ(例)
HakoneMap01A
モニタリングエリア
EAzumen003HH
設置図面

「イーグルアイ」の特徴

・ミリオーダーでの位置変位計測/モニタリングが可能です。
・高精度な測量が必要な斜面の変位や橋梁の動揺を検知し、遠隔解析/遠隔監視ができます。
・雨量計など、各種センサー同時計測に対応しています。
・子機はソーラパネルを使用し、電源敷設工事が不要です。

Eagle Eye変位計測システム

クラウド型 GNSS変位計測システム
「イーグルアイ」設置実例(大涌谷)

EA005H
「イーグルアイ」親機(基地局)

EA006H
「イーグルアイ」子機(基地局1台当たり最大9台)
EA002HEA001H
「イーグルアイ」子機

Solar01H
ソーラーパネル

EA007HEA008H
事前現地調査

システムの詳細は ⇒「Eagle Eye変位計測システム」