EagleEye 変位計測システム

EagleEyeImage011

地すべり、構造物の揺れをミリオーダーで計測

EagleEye は、GNSS のL1 波を利用したスタティック測位専用機です。地すべりの検知や橋梁の動揺といった高精度な測量が必要とされる分野でミリオーダーの計測を可能にします。
さらに、新たに改良した拡張フィルター(多変量解析)により、これまで以上にミスFIXによる外れ値を除去。より精度が向上しました。

システム概要

EagleEye01

特徴

  • EagleEye(イーグルアイ)は1周波GNSSによる静的干渉測位法(スタティック測位)による解析手法を用い1時間毎にGNSS計測点の位置情報をmm単位で計測します。(オプションで15分毎の解析もできます)
  • 変位観測局は小型軽量タイプで電源を供給出来ない現場ではソーラシステムより供給が可能です。(基地局は要電源)
  • 基地局1台当り最大9箇所の変位観測局(GNSS)と接続が可能で、基地局と変位観測局は無線を使用しケーブルレスでの設置が可能です。基地局と変位観測局は最大500mの通信が可能です。(基地局・観測局の設置環境により変動)
  • Excel形式の帳票出力機能が付きました。Print
  • 収集したデータの2次利用ができるアプリのリリースを開始しました。24時間分のRINEXデータを毎日一回自動ダウンロードできます。Print

EagleEye 変位計測システム アンテナ外観 EagleEye 変位計測システム ソーラー電源オプション EagleEye 変位計測システム コントローラー外観

クラウド上で解析

各計測点のGNSS情報はアカサカテッククラウドサーバ転送されサーバ内アプリケーションで処理されます。計測データはユーザ端末(PC等)よりクラウドサーバにインターネット経由でアクセスすることで確認が可能となります。

適用分野

24時間365日位置情報の変位をモニタリング、のり面、斜面などの長期的な変位モニタリングとしての用途のほか、トンネル、ビル、高速道路、鉄道、橋梁など大型構造物の変位計測が可能です。
EagleEye_Field

主な仕様(計測仕様)

測位方法 L1 波(1575.42MHz)による静的干渉測位法(スタティック測位)
データエポック時間 15 秒毎
解析セッション 1 時間毎(オプションで15分毎も可)
解析精度 ± 2mm rms
変位観測装置 (基地局)1 台当たり、変位観測装置(移動局)最大9 台

主な仕様(変位計測装置 機器仕様)

外形寸法 190 × 75 × 75mm (取付ポール含まず)
質量 1kg (取付ポール、ケーブル含まず)
電源電圧 5~12V動作
消費電流 送信時100mA以下 通常観測時 80mA以下
動作温度範囲 0°~60°
動作湿度 5~95% ただし、結露は除く

主な仕様(GNSS仕様)

GNSS L1 C/A コード
バックアップ電池 アルマナック情報のバックアップ用電池搭載
Rawデータ出力 専用バイナリーフォーマット
使用アンテナ 25mm×25mm×4mm RoHS準拠

主な仕様(処理部・無線部)

無線モジュール IEEE802.15.4準拠 10mW マイコン内蔵無線モジュール
消費電流 送信時:28mA, 受信時:23.5mA
周波数帯 2.4 GHz
チャンネル数 16チャンネル
電波認証 工事設計認証取得済み (技適)
無線到達距離 500m(見通し)


事例紹介 ⇒「イーグルアイ」で箱根山火山活動をモニタリング

EA003H

EagleEyeユーザー様専用