作業船誘導システム

GateB01A

システム概要

RTK-GNSS 測位技術により、各種作業船を正確に、かつ効率的に誘導することが可能です。作業船側には、2台の RTK-GNSS を設置し、ポジションだけではなく、方向もリアルタイムに制御できます。オペレータは、PCの画面を見ながら、施工位置に作業船を誘導します。

トータルステーション等による従来型の誘導に比べ、視通を確保する必要がなく、また天候に左右されないなど、GNSSの利点を生かすことができます(トータルステーションの併用も可能です)。

ships

システム構成

RTK-GNSS と誘導ソフトウェアはもちろん、無線装置、導入設置など、トータルなソリューションをご提供いたします。また、起重機の荷重計や潮位計計測値、ジャイロなどによる RTK-GNSS 測位の補完技術をシステムに組み込むことも可能です。

shipsystem

事例紹介 ⇒「3500トンの構造物をセンチ精度で誘導」

ondo_020