Smart-GPMate/GNSS測量システム「regolith」

Androidスマートフォン アプリケーション
「Smart-GPMate (スマート・ジーピーメイト)」
クラウド型GNSS計測管理システム
「regolith (レゴリス)」

SmartGPMate101

Androidスマートフォンに対応したクラウド型GNSS測量システムです。計測データは自動的にクラウドサーバに送信され、クラウド上で一元管理することができます。現場計測データがリアルタイムでサーバにアップロードされるため、計測と管理業務を平行して作業することができます。
現場での設定作業を軽減するために逆打計測の既知点座標登録等の基本的な設定は事務所パソコンでできます。
ネットワーク型RTK計測を誰でも簡単に高精度な計測が実現できます。
また、クラウド型アプリケーション「regolith(レゴリス)」はFOSS4G(Free & Open Source Software for Geospatial)で構築されており、オープンデータの活用を実現する次世代型測量管理システムです。

SmartGPMate、regolithの用途

regolith01A

一般測量:土木・建築測量、造成現場杭打・盛切の高さ計測、境界測量
調査業務:農地調査、山林調査、水産調査、環境調査
埋設物管理:上下水道・ガス・電気・データケーブル等の埋設位置への誘導、新設埋設物の測量

計測データはリアルタイムにベース地図レイヤ上に表示されます。ベース地図レイヤは航空写真の切替ができます。
データはGIS標準フォーマットのshape fileのほかCSV、SIMA出力に対応しています。画面上では面積、ライン長も確認できます。

システムイメージ

regolith05B

特徴・機能

  • ネットワーク型RTK(ジェノバ社Ntrip)に対応
  • Bluetooth対応GNSS機器とケーブルレス接続が可能
  • 公共座標、ジオイドモデルに対応
  • TOPCON社のGNSS受信機自動セットアップ対応
  • ベースレイヤ地図にGoogleMap採用
  • パソコンへのインストール作業は必要ありません

多彩な計測メニュー

regolith02A
新点を計測する「一般計測」をはじめ、既知座標に誘導する「逆打計測」や、測線に誘導する「測線計測」の測量モードが利用できます。

一般計測ではポイント、ライン、ポリゴンレイヤで計測ができます。各レイヤの名称、属性は独自に登録が可能で計測時にレイヤを選択できます。
逆打計測では逆打座標と現在位置を表示するとともに東西、南北方向の離れ距離を表示し誘導します。
測線計測では開始点、中間点、終点までの距離および線に対して左右の離れ距離を表示し誘導します。

計測中画面
regolith04D
レイヤ選択
regolith04A
逆打計測
regolith04C
測線計測
regolith04B

設定メニュー

GNSS受信機の設定
RTK移動局の自動セットアップ:TOPCON社製GNSS受信機の自動セットアップ機能が利用できます。
NMEAに対応しているため、他のGNSS受信機での利用ができます。
また、計測条件ではGNSS測位状態や計測回数の設定のほかPDOPやRMSの閾値が設定できます。
regolith03Bregolith03A

座標系の設定
公共座標およびUTM座標系に対応しています。
標高測量に必要な国土地理院ジオイドモデルに対応。
regolith03C

NetWorkRTKの設定
ジェノバ社NetWorkアカウント情報の登録ができます。
計測開始時に自動接続します。
regolith03D

PokeG

PokeG は、高精度測位、バッテリー内蔵型の小型GPS ロガーです。PC やスマートフォンにBluetooth で接続するため、ケーブルレスでの測位が可能になります。
PokeG02A
*詳細は、「小型GPSロガーPokeG」を参照ください。