ヘミスフィア ssV-102

世界最小クラスのGPS コンパス

コンパクトな筐体にGPS受信機とGPSアンテナを内蔵し、位置、方位、ピッチ、ロールが、同時観測出来るオールインワンタイプ。さらに軽量化、低価格を実現。 携帯性・設置性に優れたデザインの ssV-102 は、一般業務からアウトドアまで様々な用途にご利用可能です。

  • VectorII モジュール搭載GPSコンパス
  • 方位精度 0.75°RMS
  • SBAS 対応 精度1 m以下 (95% )
  • 回頭速度 90 度/ 秒
ssV102

特長

  • ssV-102は、Vector II モジュールと2つのGPSアンテナが内蔵されたGPSコンパスです。
  • マルチパスに強いアンテナでRTK基線を計算、方位精度 0.75°RMSを実現します。
  • 内蔵センサー(ジャイロ、傾斜計)により、素早い初期化と方位の検出が可能。
  • 測位は、SBAS ディファレンシャル補正情報を受信して精度1m以下 (95%)を可能にします。
  • デファレンシャル測位では補正情報遮断時でもCOAST技術によって40分計測を続けます。
  • 回頭速度は、90度/秒を実現。移動体の急旋回にも追従します。
  • 方位/測位データはNMEA形式で、1Hz~10Hz標準、最大20Hz(オプション)まで出力が可能。
  • 接続インターフェイスは、RS232C以外、オプションによって、RS422、Bluetoothにも対応します。
  • GPS遮断時に方位計算が不能の場合、内蔵ジャイロセンサーで3分間方位を補間します。
  • 上下移動量のHEAVE値(ヒーブ)も精度 30cm RMSで計測します。
  • 初期設定はフリーソフトのPocketMAXやターミナルコマンドから行えて、プロファイルの保存やログも可能です。

仕様

GPSセンサー

受信機タイプ: L1、 C/Aコード、搬送波スムージング
チャネル: 12チャネル x2
10チャネル x2 (SBAS使用時)
SBASトラッキング: 2チャネル、同時トラッキング
データ更新レート(測位および方位とも): 標準 10Hz、最大 20Hz(オプション)
水平精度: DGPS 1.0m(95%)
単独測位 2.5m(95%)
方位精度: 0.75°rms
ピッチ/ロール精度: 1.5° rms
ヒーブ精度: 30 cm
1PPS 精度: 50 ns
回頭速度: 90°/秒 (最大)
コールドスタート時間: 60 秒
ウォームスタート時間: 20 秒
ホットスタート時間: 1 秒
ヘディングFix時間: 10 秒
最大速度: 1,850 kph (999kts)
最大高度: 18,288m (60,000ft)

 

通信

シリアルポート: x 2(全二重 RS232)
ボーレート: 4,800 – 115,200 bps
補正情報プロトコル: RTCM SC-104
データプロトコル: NMEA 0183、NMEA 2000、独自バイナリ

使用環境

動作温度: -30 ~ 70℃
保管温度: -40 ~ 85℃
湿度: 95% 結露無きこと
振動: IEC 60945
EMC: FCC Part 15, Subpart B, CISPR22, CE

電源

入力電圧: 10 – 36VDC
消費電力: 3W
消費電流: 250mA (12V 動作時)
極性反転防止機能:

外観

サイズ(LxWxH): 40.5 x 15.0 x 6.4 cm
重量: 980g
データコネクタ: 12 ピン LTW

補助装置

ジャイロ: 1°以下の方位補間(GPS方位が取得できない場合、単軸ジャイロにより3分間方位を補間)
傾斜計: 方位検出の初期化時間短縮に利用

注)測位精度: 精度は、マルチパス、衛星数とその配置、電離層などの影響を受けます。また、アンテナの種類やベースラインの距離にも影響されます。

ssV102zumen
注)緑色は Pole Mountと接続コネクタを示します。