1周波RTK-GNSS受信機「RTF300」7月発売

すべての業務に、正確な位置情報を
クラウドでつながる、センチメートル級精度のIoT GNSS受信機「RTF300」

RTF300製品画像

株式会社アカサカテック(本社:横浜市金沢区、代表取締役社長:加瀬順一)は、IoT・クラウドシステムとの高い接続性を有し、センチメートル級精度の測位が可能な1周波RTK-GNSS受信機「RTF300」を7月発売します。

ICT土工測量やi-Constructionにおける重機施工管理での利用はもちろん、今までセンチメートル級の位置情報を必要としていても、高額で普及が進んでいなかったエンタープライズ分野への利用を推進します。RTF300は、OSにWindows 10 IoT Coreを採用、Microsoft Azureとセキュアに接続、受信機本体のリモート保守が可能です。
また、LTEモジュールを標準搭載し、シンプルな構成でRTK測量が実現でき、測位した位置情報のクラウドへの展開を容易にします。受信機本体にアプリをインストールすることで、業種業態に合わせたカスタマイズが可能であり、位置情報を利用した様々な用途・動作に対応することができます。また、スマートフォンの専用測量アプリ「Smart-GPMate(スマートジーピーメイト)」を使用すれば、簡単な操作で高精度な測量が可能になります。

RTF300は、受信機本体・アンテナのセットで希望小売価格39万8千円(税別)、2018年7月の発売を予定しています。

RTF300の適用業務分野

RTF300は、下記のような業種・用途での利用を想定しています。

土木建設・海洋工事 ICT土工測量、i-Constructionにおける転圧重機、ブルドーザー、バックホウ、クレーン、起重機船等の建設機械の施工ガイダンス・マシンコントロール・施工記録・誘導
重厚長大産業 工場屋外の運搬車両、フォークリフト等の移動体管理
インフラ(電気・ガス・水道・道路・鉄道・橋梁等) 公共構造物の資産管理、埋設物への位置誘導、メンテナンス記録などにおける測量
不動産業 土地管理における測量
各種調査業 農地、山林、水産、環境関連の各種調査業務
農業、林業 農業機械、林業機械ガイダンス、マシンコントロール等
レジャー 芝刈り機、ゴルフカート、特殊車両等の移動体管理

RTF300の特徴

簡単・センチメートル級精度の測位性能

GNSSに関する専門知識や、追加機材などなくても、RTF300単体でセンチメートル級精度の測位を実現します。通常のRTK測位では精度向上のため補正データを受信する必要がありますが、本体にLTE通信モジュールを搭載しているため、インターネット経由で補正データを受信し、RTF300単体で高精度な測位結果を出力できます。※1

カスタマイズできるスマートGNSS受信機、構築するアプリ次第で様々な用途に対応

RTF300は、OSにWindows 10 IoT Coreを採用し、GNSS受信機としての基本機能に加え、様々な用途に合わせたアプリをインストールすることで、動作をカスタマイズすることができます。※2

RTF300のカスタム動作例)

  • 定期的に位置情報をクラウドに送信する
  • 外部センサーデータと位置情報を合わせてクラウドに送信する
  • 設定したエリアへ進入、退出した際に自動で位置情報をクラウドに送信する
  • クラウドからの通知を受けて、接続した外部機器を制御する  など

デバイス管理、機器のメンテナンス、アプリ追加更新までMicrosoft Azure上でコントロール

Microsoft AzureのIoTプラットフォームを採用し、出荷後のデバイスの利用状況をクラウド上で管理、問い合わせ時などに状況に応じた適切なメンテナンスを実施できます。デバイスのアップデートやアプリの入れ替えなど、ユーザの手をわずらわせることなく、リモート環境から実施することができます。(2018年内対応予定)

Microsoft Azureによる万全のセキュリティ対策

Microsoft Azure の優れたIoTセキュリティを標準機能として提供します。インターネット接続時、外部のネットワークからの接続を遮断しながら、クラウドサーバと安全な通信を確立します。

防水防塵、電池駆動

IP65の防水防塵性能、コンクリートフロア1.5m落下に耐える衝撃性能を備えています。また、急なバッテリー不足による業務中断を避けるため、一般的な単3電池および、充電式ニッケル水素電池で約4時間の連続動作が可能です。

測量アプリ「Smart-GPMate」、測量クラウド「regolith」

一般的な測量用途向けにスマートフォンアプリ「Smart-GPMate」および測量クラウド「regolith」をオプションで提供します。Smart-GPMateでは、「単点計測」、既知座標に誘導する「逆打計測」、測線に誘導する「測線誘導」の測量モードが利用できます。計測したデータは、regolithにアップロードし、GoogleMaps、CADデータのレイヤと重ね合わせ点群・ポリゴンデータを管理できます。

アタッチメントによりスマホ/タブレットと一体化

本体アタッチメントをスマホ/タブレットに取り付けることで、RTF300とスマホ/タブレットを一体化します。ポールに取り付け測量用途で利用する場合に、余計なクレードルなどなくスマートに操作を行えます。

※1 VRS方式を利用する場合。VRS補正データの受信は有償になります。また、基地局方式の場合には別途HDT280の購入が必要です。
※2 アプリ開発情報の開示については検討中です

RTF300主な仕様

受信信号 GPS L1 C/A、GLONASS L1、BeiDou B1
精度 RTK 2.5cm + 1ppm (x 基線距離)
受信チャネル数 72チャンネル
コールドスタート時間 60s (ただし受信環境に依存)
更新レート 1Hz、5Hz
OS Windows10 IoT Core
CPU Qualcomm Snapdragon 410cARM Cortex A53 core 1.2GHz
メモリ RAM : LPDDR 1GB, ROM : eMMC 8GB
表示機能(LED) バッテリー状態、LTE通信状態、GNSS受信状態、Wi-Fi状態BLE通信状態
対応無線規格 Wi-Fi : IEEE802.11 b/g/n, Bluetooth : BT4.0(BR/EDT +BLE)
インターフェース RS-232c シリアルポートRS-422 シリアルポート
寸法(幅x 高さx奥行)・重量 110mm(W) x 142mm(H) x 40mm(D)・341g(受信機本体のみ・重量は電池を含まず)
外部電源範囲 DC : 6V ~ 36V
電池稼働時間 4時間
防塵・防水保護等級 IP65 (専用キャップで覆われている場合)
動作温度範囲 -20℃~60℃
湿度 非凝縮相対湿度95%
耐衝撃性能 コンクリ-トフロア1.5mの高さの落下
付属品 電源・データケーブル、収納箱、ジョイントプレート、ラバーキャップ、受信アンテナ、アンテナケーブル(1.2m)

リリースキット

ニュースリリース(PDF)
RTF300 リリース向け画像データ(PNG)

本件に関するお問い合わせ先

販売促進部(担当 堀)
TEL (045) 774-3570
FAX (045) 774-3571

関連機器/システム

AR170_Icon
「AR170」高精度GNSSアクティブアンテナ
不要な干渉信号を防ぐ測量級の防水アンテナ。陸上や海上でのアプリケーションを高精度でサポートします。

regolith04D_S
Smart-GPMate/GNSS測量システム「regolith」
GNSS受信機とBluetoothで接続、ケーブルレスにてネットワーク型RTK-GNSSで計測。
データは自動的にサーバに送信、クラウド上で一元管理できます。

RINQ_icon3
「RINQ」(1周波GNSS補正情報配信サービス)
RINQ(RTCM Internet Neo Query)は、HDT280向けの1周波GNSS補正情報配信サービスです。
HDT280をGNSS補正情報の配信ステーションとして利用できます。