SmartPile クラウド型地盤改良管理システム


画面の誘導指示に従うだけで、杭打ち位置を決定

事務所から「SmartPile Web」で設定したデータを、施工機側HDT280「SmartPile」の起動時にダウンロード。
オペレータは設定データに従って操作するだけで杭打ち作業を遂行できます。
クラウドサーバを介した現場との迅速なやり取り、データの一元化による業務の効率化とスピードアップで、管理者・オペレータの省力化につながります。

SmartPile02

特徴

  • AndroidターミナルのHDT280は2つのRTK GNSS受信機を内蔵しているため、HDT280単体でシステム構築が可能。
  • RTK GNSS 2台での誘導を行うことでセンチメートルオーダーの精度を実現。
  • HDT280は通信機能を内蔵しており施工データを随時アップロードするため、記録データを外部メモリ等で事務所に持ち込んでの作業が不要。
  • 重機や工区の設定、帳票出力をWebから行なえ、インターネット環境があれば、どこからでも進捗管理ができる。

目標設定方法

  • 目標座標をあらかじめ入力して施工する方法。および、現場の2本の抗を基準にシフト量を入力して施工する方法に対応。
  • インターネット経由でサーバーに上がった成果を、帳票として印刷することや、CSVファイル形式でダウンロードし2次加工することも可能。

オプション

RINQ(リンク):1周波GNSS補正情報配信サービス

1周波GNSS補正情報によりセンチメートル精度を実現
RINQは、HDT280向けのGNSS補正情報配信サービスです。
HDT280をGNSS補正情報の配信ステーションとして利用でき、移動局側のHDT280は補正情報を使って高精度な1周波RTK測位が可能になります。
SmartPile04A
RINQ GNSS補正情報配信サービス[製品リンク]

その他製品に関するご案内

関連製品


RINQ 1周波GNSS補正情報配信サービス

RINQ(RTCM Internet Neo Query)は、HDT280向けの1周波GNSS補正情報配信サービスです。
HDT280をGNSS補正情報の配信ステーションとして利用できます。

GPGlove 地盤改良用システム

RTK-GNSS・DGNSS・DGNSSコンパス・自動追尾型TSなどを用い、作業車両の現在位置をパソコン画面上に表示して、目標位置への誘導・記録を行うシステムです。

HDT280_hpIcon
HDT280 堅牢型Androidタブレット

AndroidOSを搭載した堅牢型・多機能端末。
現場・ビジネスシーンに応じた多種多様なアプリケーションが動作し、独自アプリケーションで専用マシンとしてカスタマイズできます。


AR170 高精度GNSSアクティブアンテナ

不要な干渉信号を防ぐ測量級の防水アンテナ。
陸上や海上でのアプリケーションを高精度でサポートします。

会員ページ