AKT | アカサカテック|GPS/GNSSを活用した船舶・建設・情報化施工システム

PRODUCT

CLAcanS CLAS対応 GNSS受信機

商品について

ジャンル:建設業向け/メーカー向け/インフラ保全業向け
  • CLAS
  • NEW
  • i-con

CLASに対応したGNSS受信機です。準天頂衛星(みちびき)から配信されるセンチメータ級測位補強サービス『CLAS』を受信し、簡単にセンチメータ級の位置精度を得ることができます。
   

特 徴

CLAcanSの主な特徴

  • CLASの補強情報を受信
  • 従来のDGNSSよりも高精度
  • IP65準拠の防水防塵性能
  • ジャミング、スプーフィングへのセキュリティ強化
  • PCのUSBポートやモバイルバッテリーで動作可能(5V 駆動)

 


出典:みちびきウェブサイト
    
CLASとは
CLASとは、Centimeter Level Augmentation Serviceの略。国土交通省国土地理院が全国に整備している電子基準点のデータを利用して電子基準点を用いて補正情報を計算し、現在位置を正確に求めるための情報(センチメータ級測位補強情報)をみちびきから送信します。
センチメータ級測位補強を送信するL6D信号は、GPSから配信している信号ではないため、専用の受信機が必要になります。

BLOG:みちびきのCLASとは?
準天頂衛星を経由した高精度測位の仕組みやRTKとの違いを解説

    
  
従来のDGNSSと比較し測位精度が大きく向上します
CLAS(シーラス/Centimeter Level Augmentation Service)とはQZSSを利用してセンチメータ級の位置精度を得るための測位補強情報を送信するサービスです。
 
 
CLASの補強情報を受信
準天頂衛星(みちびき)から配信される補強情報「CLAS」を無料で受信できる専用機『CLAcanS』を活用することで、ランニングコストを抑えて高い位置精度を取得できます。
   
 
計測結果 
※ 計測条件:24時間観測データ(1Hz)、サンプル数86,400
※ 利用環境や時間によって測位精度が異なる場合があります
  
   
ジャミング、スプーフィングへのセキュリティ強化
セプテントリオ社のGNSSモジュール『mosaic-CLAS』を採用。
独自のAIM+技術によりジャミング、スプーフィングへのセキュリティ強化を実現しています。

Septentrio:AIM+電波妨害保護 [外部リンク]

 
  
USBポートやモバイルバッテリーで動作可能(5V 駆動)
5Vでの駆動を実現、PCのUSBポートやモバイルバッテリーで動作することが可能です。
 
 
DGNSS以上RTK未満 こんな現場に向いています
いままでDGNSSを使用していたグラブ船誘導や深浅測量などの海上土木や林業GIS、工事用車両や鉄道車両の位置把握など、幅広い現場での活用が期待できます。
  
現場領域

仕 様

受信信号 GPS L1C/A, L2P
Galileo E1, E5b
QZSS L1C/A, L2C, L6
SBAS 
受信チャンネル数 448
コールドスタート時間 45s(ただし受信環境に依存)
CLAS初期化時間 100s(ただし受信環境に依存)
データ更新間隔 位置データ 1Hz、2Hz、5Hz、10Hz、20Hz
衛星情報データ 1Hz
インタフェース RS232Cシリアルポート×1
サイズ 148mm(W)×146mm(D)×62mm(H)
重 量 約550g
防塵防水機能 IP65
外部電源範囲 DC 5-24V
動作温度範囲 -20℃~60℃

  
  

外形図(mm)

CLAcanS外形図

その他製品に関するご案内

      

pagetop