SmartRoller(スマート・ローラー)

SmartRoller クラウド型転圧管理システム for Android HDT280

事務所から「SmartRollerWEB」で設定したデータを、工機側HDT280「SmartRoller」の起動時にダウンロード。
オペレータは設定データに従って操作するだけで作業を遂行できます。
クラウドサーバを介した現場との迅速なやり取り、データの一元化による業務の効率化とスピードアップで、管理者・オペレータの省力化につながります。

イメージ図
SR_012A

SmartRoller103SmartRoller102
HDT280の詳細は、⇒「HDT280」

システムの概略

SR_003A

特徴

  • アカサカテック製堅牢型Android端末「HDT280」を使用したクラウド型の転圧管理システムです。
  • HDT280は1周波RTK-GNSSを内蔵したIoTに対応したAndroid端末です。
  • 1周波RTK-GNSSを採用することで、価格ダウンを実現します。
  • 今まで複数あった使用機材がHDT280端末1台に集約されます。
  • クラウドサービスを利用することにより、データを一元管理することができます。
  • 遠隔操作でトラブルシューティングが容易になります。
  • プライベート基地局設置で複数現場・複数台数の移動局に配信可能です(RINQ)。

施工機側機器接続について

機器構成標準(HDT280内蔵1周波RTK-GNSSを使用する場合)
SR_004A

外部RTK-GNSSを使用する場合

外部のGNSS受信機も利用可能(HDT280内蔵の1周波RTK-GNSSを使用しない)
SR_007

TS(自動追尾トータルステーション)を使用する場合

TS(自動追尾トータルステーション)も利用可能
SR_008

SmartRollerWeb 設定

SR_009
SmartRollerWebで設定を行うと、現場に登録された移動局側HDT280「SmartRoller」は起動時に設定をダウンロードして反映します。

SmartRollerWEB 帳票出力

SR_010
移動局側HDT280(SmartRoller)で記録されたデータはSmartRollerWebに送信されます。
事務所側ではSmartRollerWebで帳票を確認・印刷することができます。

SmartRollerWEB その他コンテンツ

CAN-BUS
SR_011
HDT280はCAN-BUSポートがあるので、施工機からのデータがCAN-BASで出力されれば、取込み・表示が可能です。(※カスタマイズの必要があります)
データベースからWeb APIで自社コンテンツに受渡し可能です。

関連商品/システム(オプション)

HDT280_hpIcon
HDT280
AndroidOSを搭載した堅牢型・多機能端末。現場・ビジネスシーンに応じた多種多様なアプリケーションが動作し、独自アプリケーションで専用マシンとしてカスタマイズできます。

AR170_Icon
AR170高精度GNSSアクティブアンテナ
不要な干渉信号を防ぐ測量級の防水アンテナ。陸上や海上でのアプリケーションを高精度でサポートします。

RINQ(1周波GNSS補正情報配信サービス)
RINQ(RTCM Internet Neo Query)は、HDT280向けの1周波GNSS補正情報配信サービスです。
HDT280をGNSS補正情報の配信ステーションとして利用でき、移動局側のHDT280は補正情報を使って高精度な1周波RTK測位が可能になります。