AKT | アカサカテック|GPS/GNSSを活用した船舶・建設・情報化施工システム

PRODUCT

RTF800 2周波 RTK-GNSS受信機

商品について

ジャンル:建設業向け/メーカー向け/インフラ保全業向け
  • NEW
  • i-con

RTF800は、シンプルな機器構成でセンチメートル級精度の測位を実現する2周波RTK-GNSS受信機です。セプテントリオ社のGNSSモジュール『mosaic- CLAS』を採用し、独自のAIM+技術によりジャミング、スプーフィングへのセキュリティ強化を実現しています。

お知らせ

NEWS:JSIMAにて生産性向上要件証明書の取得が可能になりました(2024年6月)

特 徴

さまざまな利用シーンでパフォーマンスを発揮

RTF800は、さまざまな業種・用途での利用を想定しています。

土木建設・海洋工事 ICT土木施工、i-Constructionにおける施工機械及び海上工事における施工機械のガイダンス・施工記録
重厚長大産業 工場屋外の運搬車両、フォークリフト等の移動体管理
インフラ 電気・ガス・水道・道路・鉄道・橋梁等、公共構造物の資産管理、埋設物への位置誘導、メンテナンス記録などにおける計測
不動産業 土地管理における計測
各種調査業 農地、山林、水産、環境関連の各種計測調査業務
農業、林業 農業機械、林業機械ガイダンス、マシンコントロール等
レジャー 芝刈り機、ゴルフカート、特殊車両等の移動体管理

センチメートル級測位

RTF800は、従来の測量用RTK受信機と比較して、コストパフォーマンスに優れます。水平精度で± 2cm 以内、高さ精度で± 3cm 程度、測位間隔は最大10Hzでの測位が可能。独自フィルタを搭載したマルチアンテナ「AR270」と組み合わせることで、最大のパフォーマンスを発揮します。

定点観測(24時間)
RTF800 定点観測結果

ジャミング、スプーフィングへのセキュリティ強化

セプテントリオ社のGNSSモジュール『mosaic-CLAS』を採用。
独自のAIM+技術によりジャミング、スプーフィングへのセキュリティ強化を実現しています。

Septentrio:AIM+電波妨害保護 [外部リンク]

CLASに対応

  

出典:みちびきウェブサイト
    
CLASとは
CLASとは、Centimeter Level Augmentation Serviceの略。国土交通省国土地理院が全国に整備している電子基準点のデータを利用して電子基準点を用いて補正情報を計算し、現在位置を正確に求めるための情報(センチメータ級測位補強情報)をみちびきから送信します。
センチメータ級測位補強を送信するL6D信号は、GPSから配信している信号ではないため、専用の受信機が必要になります。

BLOG:みちびきのCLASとは?
準天頂衛星を経由した高精度測位の仕組みやRTKとの違いを解説

    
  
従来のDGNSSと比較し測位精度が大きく向上します
CLAS(シーラス/Centimeter Level Augmentation Service)とはQZSSを利用してセンチメータ級の位置精度を得るための測位補強情報を送信するサービスです。
 
CLASの補強情報を受信
準天頂衛星(みちびき)から配信される補強情報「CLAS」を無料で受信できる専用機『CLAcanS』を活用することで、ランニングコストを抑えて高い位置精度を取得できます。
   

IP65防水防塵

悪環境での利用を想定。粉塵の進入を防ぎ、全方向噴流でも動作。衝撃や不意な落下にも耐える安心設計。
※GNSSの特性上、空の開けた屋外の使用に限られます
※コンクリート床面に1.5mの高さから落下、アカサカテック環境にて検証
    

電池駆動 いつでも電池交換可能

RTF800は、一般的に市販されている単3電池4本で利用が可能。単3型充電バッテリーにも対応。
※外部電源での動作も可能

オプション

SmartMate(クラウド型GNSS計測アプリ)

スマートフォンアプリ「SmartMate」およびクラウド型空間マネジメントシステム「regolith」をオプションで提供。「単点計測」「逆打計測」「測線計測」の計測モードを搭載。タブレット上のシンプルな操作で高精度に計測ができ、計測データは自動でクラウドに同期して、各種データ形式でエクスポートが可能です。

SmartMate クラウド型GNSS計測アプリ

活用事例のご紹介

弊社が提供する『2周波RTK-GNSS受信機』および『クラウド型GNSS計測アプリ』の活用事例として、石川県小松市に本社を構える株式会社吉光組さまに、災害復旧現場での導入事例をインタビューさせて頂きました。
  
従来作業がどう変わったか、どのような基準でICT機器を選定しているか、AKTの印象などについて、ざっくばらんにコメント頂いております。是非ご覧ください。
   
Youtube リンク
https://youtu.be/1BpnMU-F1_U 

仕 様

受信信号 GPS: L1 C/A, L1C, L2C, L2 P(Y), L5
GLONASS: L1 C/A, L2C/A, L3, L2P
BeiDou: B1I, B1C, B2a, B2b, B2I, B3I
Galileo: E1, E5a, E5b
QZSS: L1 C/A, L1 C/B, L1C, L2C, L5
精 度 RTK 0.6 cm + 0.5 ppm
受信チャンネル数 544チャンネル
コールドスタート時間 <45s(ただし受信環境に依存)
更新レート 最大10Hz
フォーマット NMEA 0183
RTCM v2.x, v3.x (MSM messages を含む)
CMR v2.0、CMR+ (CMR+ input のみ)
OS Windows10 IoT Core
CPU Qualcomm Snapdragon 410c
ARM Cortex A53 core 1.2GHz
メモリ RAM : LPDDR 1GB, ROM : eMMC 8GB
表示機能(LED) バッテリー状態、GNSS受信状態
Wi-Fi状態、Bluetooth通信状態
対応無線規格 Wi-Fi : IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth : BT4.0(BR/EDT +BLE)
インターフェース RS232Cシリアルポート ×2
寸 法 110mm(W)×142mm(H)×40mm(D)
重 量 332g(受信機本体のみ·電池を含まず)
外部電源範囲 DC : 9V ~ 36V
電池稼働時間 4時間
防塵・防水保護等級 IP65 (専用キャップで覆われている場合)
動作温度範囲 -20℃~60℃
湿 度 非凝縮相対湿度95%
耐衝撃性能 コンクリ-トフロア1.5mの高さの落下

※製品の仕様は予告なく、変更になる場合があります。ご了承ください。

外形図 (mm)

RTF500 外形図

その他製品に関するご案内

  

pagetop