株式会社アカサカテック|GPS/GNSSを活用した船舶・建設・情報化施工システム

NEWS

ニュースリリース

2020年06月10日

ICT施工・産業向け2周波GNSS受信機・アンテナ新機種3製品を発売

株式会社アカサカテック(本社:横浜市金沢区、代表取締役社長:加瀬太郎)は、ICT施工・産業向けに、センチメートル級精度の測位性能を有した2周波RTK-GNSS受信機「HDT320」「RTF500」、4周波対応マルチGNSSアンテナ「AR270」を発売します。

建設機械をICT化するタフなAndroidタブレット「HDT320」、スマートフォンアプリで簡単に高精度な測位が行える「RTF500」、GNSS衛星の多様化に対応するマルチアンテナ「AR270」をリリースします。「HDT320」「RTF500」は2周波GNSSモジュールを採用し、初期化時間の短縮と低価格化を両立しました。
 
ICT土工測量やi-ConstructionにおけるICT施工管理での利用はもちろん、今までセンチメートル級の位置精度を必要としていても、高額で普及が進んでいなかったエンタープライズ分野への利用を推進します。

  

新製品の概要

 
■ 「HDT320」主な特徴
建設機械に後付け設置可能な堅牢型Androidタブレット。2周波GNSSモジュールを2基搭載し、建設機械の位置や方位をセンチメートル級精度で計測し、マシンガイダンスや位置誘導・機械制御に利用できます。Androidアプリをカスタマイズすることで、建設機械・工種・工法に合わせた独自システムを構築できます。CANコネクタなど堅牢な物理ポートを搭載し、建設機械とシンプルで信頼性の高い接続が可能になります。
   
■ 「RTF500」主な特徴
産業向け汎用型2周波RTK-GNSS受信機。専用スマートフォンアプリ「SmartMate(スマートメイト)」を使い、簡単な操作でセンチメートル級精度の単点計測、単点逆打ち誘導、測線誘導が行えます。記録データはクラウドサービス「regolith(レゴリス)」と同期し、データ整形して各種業務に活用できます。

■ 「AR270」主な特徴
優れたマルチパス耐性をもつ4周波対応の小型軽量マルチGNSSアンテナ。対応衛星はGPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS、対応周波数はL1/L2/L5/L6と広帯域をサポートしつつ、4G/LTE帯域の影響を受けにくい独自フィルタ設計。IP67防水性能を持ちます。  

プレスリリース[PDF]

pagetop