新しい未来の建設を目指すための指針

国土交通省は「労働者が減っても生産性を向上させることで、経済成長を確保することが可能」との考えで、平成28年度から、建設現場の全工程の情報化を前提とした「i-Construction」という名の新しい基準を導入しました。
公共測量マニュアルや施工管理基準などの、15の新基準があります。

また、その3つの柱として、「ICT(情報通信技術)の全面的な活用」「規格の標準化(コンクリート工)」「施工時期の平準化」を揚げており、これらを導入することで一人あたりの生産性の5割向上を目指しており、建設生産システム全体の生産性向上を図ると共に、魅力ある建設現場とすることを目指しています。

"Showing the Way Towards Construction for a New Future"
Based on the belief that even though the work force is shrinking, economic growth can be ensured through increased productivity, in 2016, The Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism introduced a new standard called “i-Construction” which is based on the premise of the use of information technology in all operations carried out on construction work sites.

「i-Construction」 の3つの柱

  • ICTの全面的な活用

    測量・設計から施工・検査、さらには維持管理・更新までの全てのプロセスにおいてICT技術を導入

    “Application of ICT in all areas”
    The introduction of information and communications technology (ICT) in all processes, from surveying and design to construction operations and inspections, as well as maintenance management and renovation.

  • 規格の標準化(コンクリート工)

    寸法等の規格の標準化された部材の拡大



    “Standardization of standards (Concrete works)”
    Increased use of components conforming to standardized dimension standards, etc.

  • 施工時期の平準化

    2カ年国債も適正な設定等により、年間を通じた工事件数の平準化(青線は平準化のイメージ)

    “Equalization of construction periods”
    Equalization of construction periods throughout the year, by means such as the appropriate setting of 2-year government bonds. (blue line is image of equalization.)

アカサカテックの「i-Construction+1」

i-Constructionでの「測量」⇒「設計・施工計画」⇒「施工」⇒「検査」、さらに「維持管理」までのすべての工程で、アカサカテッククラウドサーバによってデータを一元管理できるシステムを提供しています。
また、図面作成や施工などの要となるデータ取得には、アカサカテックのGNSS測位システムが活用されています。

Akasakatec's "i-Construction + 1"
Akasakatec offers a system that allows centralized management of data using the Akasakatec Cloud Server, in all processes of i-Construction:“Surveying”, "Design and Construction Planning”, “Construction”, “Inspection”, and “Maintenance Management.”

その他のメリット

  • 実際の作業の前にシミュレーションが可能になる。
  • 設計の変更が迅速に行える。
  • データの一元管理、共有ができる。
  • オペレーターに指示する現場作業員の必要がなくなり、現場の安全につながる
  • ICT建機は自動制御され、経験の浅いオペレーターでも難しい作業をこなせる。
    「ドボジョ(女性)」が進出、新しい労働力の確保ができる。

Other Benefits

  • Simulations can be carried out before actual work begins.
  • Designs can be promptly modified.
  • Data can be centrally managed and shared.
  • There is no need for a worker at the site to direct machinery operators, leading to improved work site safety.
  • ICT construction machinery is controlled automatically, allowing difficult operations to be managed even by inexperienced operators.
    Opens the way for female construction workers, providing a new source of labor.

測量 / 設計・施工計画

クラウド型 GNSS測量システムSmart-GPMate / regolith(スマート・ジーピーメイト/レゴリス)

3D測量機器が対応できない部分を補う測量システム。データをクラウド上で一元管理。

GNSS受信機とスマートフォンをBluetoothで接続し、ケーブルレスにてネットワーク型RTK-GNSS(ジェノバ社VRS)で計測を
行うことができます。対応受信機は、接続時に自動的にセットアップされ、ターミナルなどで設定を行う必要はありません。
3D用機器が測量しきれない、細かな部分の測量に対応することもできます。計測したデータは自動的にクラウドサーバ
に送信され、設計・施工計画など、次工程にシームレスに活用することができます。

Surveying / Designing and Construction Planning
"Smart-GPMate / regolith"
A Cloud GNSS measurement system compatible with Android smartphones. The data measured is automatically sent to a Cloud server, and data can be uniformly managed in the Cloud. As the site measurement data is uploaded to the server in real time, measurement and normal operations can be conducted simultaneously.

施工

TS・RTK-GPSによる転圧管理システムGPRoller(ジーピー・ローラー)

GNSSを用いた盛土の施工管理では、事前に試験施工において規定の締固め度を達成する為の締固め回数を決定し、その回数が
確実に履行されたことを確認する工法規定方法を実現しました。
ローラの位置をRTK-GNSSで計測し、転圧回数をカウント、リアルタイムに転圧状況を運転席のコンピュータに記憶・表示
させます。オペレーターは運転席のコンピュータ画面を見ながら転圧状況を確認できます。事務所側ではその日の施工データを
読込み、帳票出力などの管理を行なえます。

Ntrip仕様または、施工機パソコン側でインターネット接続端末を使用した場合、記録ファイルをクラウドサーバへ送信し、WEB上で帳票出力や出来形データとして高さ情報を出力できます。

Construction
TS-RTK-GNSS Roller Management System "GPRoller"
GPRoller is a roller compaction management system for compacting machinery using automatic tracking total stations, and a real time kinematic Global Navigation Satellite system (RTK-GNSS).
In earth filling compaction construction management using a total station (TS)/RTK-GNSS, the number of compactions required to achieve the prescribed degree of compaction is determined from trial works carried out previously, providing a construction-method-specified system which confirms that the specified number of compactions has been implemented.

調査・維持管理

クラウド型 GNSS変位計測システムEagle Eye(イーグルアイ)

地すべり、構造物の揺れをミリオーダーで計測

「EagleEye」は、GNSSのL1波を利用したスタティック測位専用機です。地すべりの探知や橋梁の動揺といった高精度な測量が必要とされる分野でミリオーダーの計測を可能にします。のり面、斜面などの長期的な変位モニタリングとしての用途のほか、トンネル、ビル、高速道路、鉄道、橋梁など、大型構造物の変位計測が可能となります。

各計測点のGNSS情報はクラウドサーバへ転送され、サーバ内アプリケーションで解析処理されます。計測データはユーザ端末(PC等)よりクラウドサーバにインターネット経由でアクセスすることで確認が可能となります。

Examination and Maintenance Management
Displacement Measurement System "EagleEye"
EagleEye is a static position measurement device which utilizes GNSS L1 waves. It can carry out high precision measurement with millimeter accuracy, required in such fields as land slip detection and structure oscillation.
GNSS data for all measurement points is sent to the cloud server, and the measurement data can be checked by accessing the cloud server via the Internet from each user’s terminal (personal computer, etc.).

クラウド型 気象観測装置WeatherStation(ウェザーステーション)

観測場所の気象状況を、リアルタイムで事務所から監視できます。1台で風向、降雨、気圧、気温、湿度のデータ計測が可能。
計測データはクラウドサーバに送信され、Webアプリケーションで監視ができるため、専用パソコンやアプリケーションのインストールの必要がありません。

Inspection · Maintenance
Weather Observation Device Using the Cloud
Allows monitoring of weather conditions at the observation site from the office in real time, by connection with mobile devices.
Monitoring is carried out using a Web application, so there is no need for a dedicated computer or software installation.