株式会社アカサカテック|GPS/GNSSを活用した船舶・建設・情報化施工システム

BLOG

使用事例のご紹介

『EagleEye』で箱根山火山活動をモニタリング

警戒区域の地形変化を24時間365日計測

箱根山火山活動による地形変化のモニタリングに、弊社製品『EagleEye( イーグルアイ )』が使用されています。現地調査の様子や設置例とともに、クラウド型変位計測システムEagleEyeについて簡単にご紹介します。

  • 建設業向け
  • EagleEye
  • 変位計測

火山活動が活発化

平成27年5月。箱根大涌谷での火山活動が活発化し、その周辺が立入禁止や通行規制など、警戒区域として設定されました。この火山活動による地形変化をモニタリングするため、24時間高精度な位置変位計測ができるEagleEyeが採用されました。

工事の概要

現地調査として、事前に電源供給の方法やアンテナ設置箇所の調整を行います。
今回の箱根大涌谷の現場では、子機の設置ポイント付近に電源がなく、無線ユニットへの電源供給方法がネックになりましたが、見晴らしのいい場所に設置できたことでソーラーパネルで電源が賄え、追加で電気敷設工事をせずに設置が行えました。
※基地局では電源が必要になります

  • 事前現地調査
  • 事前現地調査
  • EagleEye親機(基地局)
  • EagleEye子機(基地局1台当たり最大9台)
  • EagleEye子機
  • EagleEye子機

システムの概要

大涌谷内の9箇所に子機(観測局)が設置され、24時間365日、GNSSによる位置情報の変位がモニタリングできるようになりました。データは15分毎にグラフに表示され(通常は一時間毎)、離れた場所からもオンタイムで、その情報を確認できます。

  • 観測データ(例)
  • モニタリングエリア

今回使用された製品

製品紹介

EagleEye(イーグルアイ)は、GNSS のL1 波を利用したスタティック測位専用機です。地すべりの検知や橋梁の動揺といった高精度な測量が必要とされる分野でミリオーダーの計測を可能にします。新たに改良した拡張フィルター(多変量解析)により、これまで以上にミスFIXによる外れ値を除去。より精度が向上しました。
   

pagetop