株式会社アカサカテック|GPS/GNSSを活用した船舶・建設・情報化施工システム

BLOG

お客様の声

信頼される一気通貫したサービスを目指して

株式会社埼玉測機社 様

埼玉県を拠点に測量機器・OA機器の専門商社として成長を続ける株式会社埼玉測機社(以下敬称略)は、アカサカテックの販売店として、2016年からお取引をさせて頂いているパートナー企業です。取引当初よりお付き合いのある執行役員 営業本部本部長の大井英信様(以下、大井本部長)に、アカサカテック製品の反響や今後の事業展開についてお話を伺いました。

  • 建設業向け
  • 新製品
  • 販売店
  • i-con

創業45年、一気通貫したサービスの提供

埼玉測機社 執行役員 営業本部本部長 大井英信様
「埼玉測機社では、社員一人一人が専門知識を有するセールスエンジニアであるという意識のもと、モノの販売だけではなく、最先端技術や市場動向を捉えた提案、設備投資計画、機器の利用状況を総合的に診断してコーディネートを行うなど、一気通貫したサービスの提供を目指しています。」
 
測量機器・OA機器の専門商社として成長した埼玉測機社は、測量機メーカーである測機舎(旧:株式会社ソキア 現:株式会社ソキア・トプコン)から昭和51年に独立、今年で創業45年になります。
 
現在は、主軸である測量機器のレンタルや販売に加えて、測量に必要なCADなどのソフトウェアの提供、パソコン設置やシステム構築、OA機器の販売や保守サポートの提供など、幅広く業務改善・効率化の提案を行っています。
 
『技術もサービスも”製品の一部”』という埼玉測機社のテーマは、創業時から変わらず継承されています。

信頼される関係性を育む


取材風景(写真左:アカサカテック営業部 藤田 右:埼玉測機社 大井本部長)
  
「気軽に相談してもらえるよう、お客様に寄り添う意識で日々の業務を行っています。企業理念にもある『信用・信頼』という言葉を、社員一同とても大切にしています。」
 
日々の業務で大切にしていることについて、こう話して下さった大井本部長。
インターネットで調べれば多くの製品情報がでてくる時代に、製品の金額や性能だけでなく、あなたから買いたい、信頼していると言ってもらえる関係性は、多大なるアドバンテージなのかもしれません。

アカサカテックとの出会い、人間同士の関わり合い

埼玉測機社とアカサカテックとの出会いは2016年、埼玉測機社の本社を尋ねた弊社営業部の加瀬(現:代表取締役社長)や山田(現:営業部部長)との出会いに遡ります。
 
「最初お会いした時は、確か『GPRoller(現:SmartRoller クラウド型転圧管理システム)』の営業にこられていて、その後勉強会や提案資料を通じて『EagleEye(クラウド型変位計測システム)』、『VasMap(工事車両運行管理システム)』などの製品を知りました。
 
たまたま同時期に、ゼネコンのトンネル工事の仕事をやり始めていて、先方から色々と要望を頂く機会が多く、技術提案の資料をみせてもらった際に、『EagleEye』や『VasMap』などの製品名が書かれていて。直ぐにアカサカテックのことを思い出し、加瀬さんに連絡をしました。
 
製品について本当に色々と教えてもらい、資料まで作ってもらった記憶があります。ここまでやってくれるのかと、当時非常に感銘を受けました。3年近くの現場を一つ終えたときに、加瀬さんから『また一緒にやりましょうよ』と言ってもらえたことが、とても印象に残っています。」
  
会社間で始まる取引の根底においても、先ず人間同士の関わり合いがあります。『信用・信頼』という言葉を大切にする、大井本部長の姿勢が感じられるエピソードです。

アカサカテック製品の反響


  
『SmartRoller』『VasMap』『EagleEye』『RTF300(1周波 RTK-GNSS受信機)』
  
実際に販売しているアカサカテック製品や反響についてお話を伺うと、この4製品をあげて下さいました。

「なかでも『VasMap』は入り口的な商品としてどこにいっても反応が良く、導入して必ず喜んでいただけるので、新たなお客様の発掘にも繋がり、弊社としても積極的に提案したい製品のひとつです。

利根川・荒川などを有する埼玉県では、高規格堤防工事の発注が盛んです。堤防工事ではダンプ運搬の比重が大きく、適正な運行管理が求められていました。貴社の『VasMap』は、リアルタイムの車両の位置管理でき、安全かつ効率化が図れます。操作性も簡便と好評を博しています。」
  
 

 
VasMap(バスマップ)は、GNSS機能付きAndroidタブレットを利用した車両の位置管理/安全運行支援システムです。ダンプや業務車両のダッシュボードにタブレットを設置するだけで、運転者には音声ガイダンス、事務所側ではインターネットを通じて車両位置をパソコン画面で把握でき、運行記録の出力も簡単に行えます。

VasMap 工事車両運行管理システム

今後の事業展開


新製品HDT320をもつ大井本部長

最後に、今後の事業展開についてお話を伺いました。
 
「今現在、コロナウイルスの感染症の影響もあり、業務の効率化がより求められます。さらに慢性化した人手不足による機械化、自動化は避けて通れない我々の命題です。そこで貴社の保有する各システムは、今後の業界の発展に必ずや寄与することと確信しております。

また、互いに切磋琢磨して、現場でのさまざまな要求を解決する企業でありたいと考えます。当社でも、お客様から要望のあるドローンレーザーの導入を図り、また営業社員へMicrosoft surfaceを貸与し、フィールドワーク向上の環境づくりに着手するなど、時代に即した変化をはじめています。お客様の有益なパートナーとなりえる企業として、最高の技術とご満足をこれからも提供してまいります。」
   
ICTの部署をもっと強化したいと話す大井本部長。
ICTシステムを導入した重機に対して、専門知識を有するセールスエンジニアとしてどこまでサポートをしていけるか。埼玉測機社では、ICT分野における技術サポートや設計データの作成など、一気通貫したサービスを目指しています。
  
我々アカサカテックも、新製品として発売を開始した2周波対応のRTK-GNSS受信機『RTF500』や『HDT320』をはじめ、使いやすいハードウェアの開発、そしてお客様のニーズに柔軟に対応したソフトウェアを軸に、今後も埼玉測機社様と共に業界の発展に寄与できるよう、一層の努力を重ねて参ります。
 
この度は、貴重なお話をありがとうございました。 
(取材日2020.07.02)

株式会社埼玉測機社 [外部リンク]

新製品情報

製品紹介

HDT320 2周波 RTK-GNSS受信タブレット端末
HDT320は、AndroidOSを搭載した堅牢型・多機能端末。2周波RTK-GNSSを2基搭載、スマホ感覚の操作性、重機への接続を前提に作られた強固な筐体、信頼性の高い物理ポートインターフェイスが特徴。現場・ビジネスニーズに応じた多種多様なアプリケーションに対応できます。

  
RTF500 2周波 RTK-GNSS受信機
RTF500は、シンプルな機器構成でセンチメートル級精度の測位を実現する、産業向け汎用型2周波RTK-GNSS受信機です。専用スマートフォンアプリ「SmartMate(スマートメイト)」を使い、簡単な操作でセンチメートル級精度の単点計測、単点逆打ち誘導、測線誘導が行えます。記録データはクラウドサービス「regolith(レゴリス)」と同期し、データ整形して各種業務に活用できます。

関連記事

pagetop